2011年02月28日

「カッコ悪さ」と「まともさ」

「みんなカッコ悪ければ、そのことに誰も気がつかない。でもその中に、1人だけまともな奴が現れると、そのカッコ悪さに気がつき始める。」

by 富田克也(映画監督/『雲の上』『国道20号線』『サウダーヂ』

IMG_6793.jpg

富田克也と私とは、現在編集中の映画『サウダーヂ』の監督とプロデューサーの関係です。全くの自主映画を撮る富田克也を、私はプロデューサーと言う立場でサポートしています。
甲府を舞台にしたこの映画は、労働者、外国人、ラッパーなど、人々の生活を通して山梨の現実をえぐり出しています。

_DSC9120.jpg

_DSC0167.jpg

この言葉は、先日久しぶりに会った富田克也が、私の選挙事務所で発したものです。
富田克也は「自主映画」という手法で、たくさんある映画作品、たくさんいる映画監督の中で、孤軍奮闘しています。

「世間の意識を変える」とは、そういうことではないか、と私は思いました。

そして富田克也は言います。
「しかし、それには時間がかかるんです。」


IMG_5224.jpg


映画でも政治でも同じですね。

私はこの一年間に、地道に地道に、学習の場を展開してきました。100以上の場に携わり、参加してきました。
そしてようやく、その学習の場から一つの方向性を示すことができました。それは「山梨の自立」という目的であり、地域資源の活用と議会改革という手段です。

私はそうしてつくった政策集を、選挙に向けて訴えています。まともな選挙を、まともに実践するつもりです。

富田克也と私とは、タイプも生い立ちもやっていることも違うけれど、どこか深いところで完全に一致している同志です。


笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会

posted by 笹本貴之 at 23:55| 学びの言葉

2011年02月26日

地域の資源/湯村の楽しみ方

「今度の土曜日、6:30に山登らない?」

甲府市徳行の登山・アウトドアのプロショップ「エルク」さんに行ったとき、柳澤仁さんに誘われました。
6:30に緑ヶ丘公園の駐車場に集合し、そこから通称「湯村山」を登りました。

久しぶりの登山でしたが、7:30に頂上の「八王子神社」に到着しました。

IMG_3036.jpg

ここからの眺めは、絶景です。

IMG_3047.jpg

富士山を向こうに、眼下に甲府盆地が広がります。きれいな街だと、心から思えます。

IMG_3045.jpg

柳澤さんは「この景色を笹本君に見て欲しかったんだ」と言ってくれました。
「ここには武田信玄も絶対来たはずだと俺は信じている。甲斐の国全体のことを考える人は、これを見るべきだと思う」。

そして下山して、今度は「湯村ホテル」さんに向かいます。

しっかり食材にこだわった朝食バイキングをいただいて、そのあとは温泉につかります。

IMG_3052.jpg

使ったお金は1,000円弱。所要時間は6:30から9:30の3時間。

こんなに近くで、こんなに健康的に、こんなに示唆に富んで、こんなに安価で、こんなに気持ちいい体験が毎週でもできる甲府で生活していて、本当に嬉しくなりました。

地域の資源に気づき、甲府の豊かさを実感しました。


笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 23:35| 私の考えていること

2011年02月25日

「グランディール」がリニューアルオープン

本日、スーパーやまとが支援する個人商店「グランディール」がリニューアルオープンしました。早速行ってきました。

IMG_3031.jpg

今朝の新聞にそのことを知らせる広告が載りました。

甲府市住吉5丁目の県道113号線と身延線が交わる横に立つのが、約60年前に食品店として創業した「ブランディール」。大型店などの台頭で苦戦してきましたが、本日、私たち「やまと」の後押しで、リニューアルオープンします。

「地域のためにも先代から引き継いだ店を残したい」―。店主から相談を受けたのは昨秋。ちょうど、地域の高齢者のために、やまとが韮崎市中心街にミニスーパーをオープンさせたばかりのころでした。

郊外に複数の大型ショッピングセンターが進出する中、取り残されたのが街中の高齢者たち。やまとが今あるのも、高齢者や地域の方々にご愛顧いただけたおかげ。恩に報いるためにも、地域の個人商店と手を携え、日常生活に困らない品揃えと、スーパー並みの価格で、皆さまのお越しをお待ち申し上げます。

本当に痛快な広告です。これからスーパーやまとの社長、小林久さんの挑戦が始まります。

IMG_3033.jpg

小林さんの言葉が、頭の中でこだまします。

「だって悔しいじゃん! 大手ショッピングセンターにいいようにされたかぁねえじゃん! 俺、そういうの、うんと嫌いさあ!」


不満と反骨と希望と実行。

私が小林さんから学んでいることです。


笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 23:17| 私の考えていること

2011年02月24日

他を批判する資格

2月24日の山梨日日新聞 社会面に以下の記事が載りました。

2011-2-24_sannichi.jpg

自民党の現職県議(皆川氏、山下氏、鈴木氏)の海外研修の報告書で盗用文があったという内容です。何とも残念な事実です。よく地方議員の海外研修の実態は「観光旅行だ」と言われているようですが、まさにそのことを証明するかのような事実です。

若手新人候補が集まって「山梨の未来を担う会」を立ち上げて、「議会改革」について純粋な気持ちで議論しているところですが、このような現職県議の実態も私たちが変えるべき現状なのですね。

行政の無駄遣いをチェックする立場の県議会議員がこれでは、そのチェックする資格すらないことになります。

ただ、このような場合にいつも考えなくてはならないことがあります。それは「自分にも同じことをする危険性はないか?」ということです。

例えば、
行政職員の研修旅行はどうでしょうか?
業界団体や組合の研修旅行はどうでしょうか?
会社の研修旅行はどうでしょうか?

自分のお金ではなく、他人のお金を使って研修をさせていただく場合、同様の問題が起こる可能性があります。

政治家を批判するとき、それを選んでいる有権者の責任や、自らの同様の傾向についても、正直に反省してみる必要があるのだと思います。

笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 23:12| 山梨県議会への挑戦2011

2011年02月23日

「山梨の未来を担う会」を開催しました(2)

今朝の山梨日日新聞の記事をご紹介します。

2011-2-22_sannichi.jpg

昨日の私のブログを見た弘前市議の方から、ツイッターで以下のようなメッセージをいただきました。
笹本貴之さんたちが主宰した「山梨の未来を担う会」は、私たちが弘前市でやろうとしているのと同じです。負けじとがんばりたいと思います。
まさか青森県にまで伝播するとは思っていませんでした。

私たちの世代は、もう政争や政局にはうんざりしています。問題が山積するこの日本社会で、政治の世界のそんな争いには嫌気がさしています。
見るべき方向、向かうべき課題は、別のところにあるのだから、もういい加減、解決に向けて取り組んで欲しいと思っています。

私たちは、その想いで、文字通り喫緊の課題の一つである「議会改革」に真正面から取り組みます。そのためには、今から準備しなければなりません。政治家になることが目的ではないのですから、変えるべき議会のことを今のうちに学ぶのです。

この試みは、単なる政局ではありません。どうかそのような矮小化した見方をしないでいただきたい。特にマスコミの皆さんや、政治の世界の先輩方には、せっかくの純粋な本質的な私たちの試みを、尊重していただきたい。

どうぞ今後ともよろしくお願いします。

笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 21:53| 山梨県議会への挑戦2011