2011年03月13日

東日本大震災の被災地の一刻も早い復旧を願っています。

現在、ほぼ全てのメディアを通じて、被災地の現状が報道されています。

やはり強く実感してしまうのが、「私たちはあまりにも脆弱な社会に生きていた」ということです。
建物の倒壊のことも、津波のことも、原子力発電所のことも、電気のことも、交通のことも、今回のようなことがあって、改めて課題・問題が見えてきます。

政治を志すものとして、今回のことから政治の役割について深く考えさせられます。
経済だけではなく、災害に対しても「自立」することが、求められています。

ただ、その「自立」をめざすためにこそ、「助け合い」が必要です。

そろそろ各メディアも、繰り返す被災状況の中継から脱却して、災害ボランティアや募金方法について伝える段階に入ったのではないか、と思います。

笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 20:20| 私の考えていること