2011年03月26日

「山梨の自立」を共にめざす人々(2) 〜山口博伸さん〜

母校の駿台甲府高校の校長、山口博伸先生にもコメントをいただきました。

東京から甲府にいらっしゃって7年目を迎え、山梨の現状に対して様々な想いを抱き、日頃から多方面で発言されています。

IMG_0393 (2).jpg
首都圏で35年間生活した私が、山梨県に赴任して丁度6年が経つ。その間、道路の整備は進み、車は増え続けたものの、肝心の街を行く人々の数は、東京都隣接県にも関わらず減り続け、甲府駅至近の地でもシャッター街になりつつある姿には正直なところ衝撃を隠せない。私たちの生徒たちのフルサトの未来が危ないのである。その危機感から、私は3年前、本校中学生と共に山梨県の未来を考える場を作った。彼等が社会の中核世代になった時の山梨県はどうあるべきか、自分達の未来について真剣に討論させた。私たちは、本県の活性化の為には、居住人口を何としても増加に転じさせなければならない、と考えた。そして、“県人口100万人を目指して”というテーマで、山梨県の課題について総点検を始めたのである。その時の資料を基に、本校の卒業生である笹本貴之君と議論すると、実に良く話しがかみ合うのである。想い、発想、方法論が同一方向を向いている事が分かったのである。 議員による条例提案がゼロ県などと揶揄される現状は、生徒たちに説明の仕様がない事態である。どんな仕事場でも、何事も自ら先頭に立って具体的にやってみせる人が出現しない限り、現状の打開は出来るものではない。そこで私は、まだ若輩ではあるが、チャレンジ精神旺盛な本校卒業生の笹本貴之君に、私の熱い想いの一部を付託することにしたのである。
今日は立候補を予定している同校OBによる政策発表会を、卒業生を対象に開いていただきました。

甲府市議会の3期目を挑戦する荻原隆宏さん(3期卒業)と、山梨県議会に初めて挑戦する私(8期卒業)による演説会でした。

IMG_3216.jpg
(荻原隆宏 市議会議員)

IMG_3227.jpgIMG_3225.jpg
(笹本貴之)

IMG_3234.jpg

最後に、山口校長から講評をいただきました。


笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 23:27| 山梨県議会への挑戦2011