2011年04月15日

悔しい。だからしっかり反省します。

県議会議員選挙の後、一週間、街頭演説を行いました。
4年後への挑戦の意思をお伝えしました。
たくさんの優しいお言葉、励ましのクラクション・・・・本当にありがとうございました。
涙が出ます。

来週からは甲府市議会議員選挙が始まりますので、いったん休みです。

IMG_3438.jpg

今回の選挙でいただいた約4,000人のご支援の中から、お顔が分かっている方々に一人一人お話しさせていただいています。まだまだ連絡しきれません。
この一年間の私たちの政治活動・選挙活動の良かった点と悪かった点について、様々な立場からご意見を聞いています。

この選挙こそが私たちの掛け替えのない学習の場でした。
結果が残念で、悔しいからこそ、確実にその学びを私たちの今後の生活と次回の選挙に活かすべく、丁寧に総括をします。

ただ、ご安心ください。安易に方針変更なんかしませんよ!
私は希望を捨ててません!

共に学んで政策を考える「学習会中心主義」
従来の後援会ではない「山梨の自立が理念の政治活動」(いわば地域政党)

どうぞこれからもお付き合いください。

Keep Hope Alive!!

笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会
posted by 笹本貴之 at 22:20| 私の考えていること

2011年04月12日

たくさんのご支援をありがとうございました。私は元気でやってます。

山梨県議会議員選挙では、たくさんのご支援をいただき、本当にありがとうございました。

しかし、私の力が及ばず、次点という結果となり、そのご恩に報いることができませんでした。
非常に残念で、悔しくてたまりません。

それでも3,915という貴い票をいただけたことに、感謝申し上げます。

今回の選挙を通して、たくさんの方々とつながることができました。
共に政策をつくった方々、学習会に参加していただいた方々、ボランティアに参加いただいた方々、友人・知人を紹介していただいた方々、仕事としてサービスを提供していただいた方々、そして1票を投じてくれた方々。
みなさん、私にとっての宝です。

私たちの活動は、いわゆる後援会活動ではありませんでした。
つまり笹本貴之を当選させることだけが目的の活動ではありませんでした。
あくまでも「山梨の自立」をめざして、その手段として笹本貴之を県議会に送ろうとする政治活動でした。
だから私は実質的な「地域政党」だと言っています。

そしてその活動の方針が「学習会中心主義」だったわけです。
学習の場をあらゆるレベルで、あらゆるところで、あらゆる形式で実施し、その参加者がレベルを高めて自立していただくことで、山梨県全体の自立に近づこうという考えです。
そしてそのような参加者の中から、共に政治活動をする仲間の輪が広がってきました。

今回の私の落選は、非常に残念で、悔しくてたまりませんが、私は既に4年後への行動を始めています。

IMG_3439.jpg

いつもの湯村の北公民館前交差点です(昨日)。今日は富士見通りのスバル前でした。

私たちの目的はあくまでも「山梨の自立」です。
この目的はなくなったわけでも、達成されたわけでもありません。
従いまして、今後も粛々とこの目的のために活動を続けるのみです。

いまはこの間にお世話になった方々に、一人一人お電話をしたり、お会いしたりして、この1年間の総括に向けて意見交換をしています。
いずれこの「選挙総括発表会」も開く予定です。

今回の山梨県議会の選挙に関して、各マスコミは「新人の躍進」や「年齢の若返り」と言っています。
しかし単に若くて新人であっても、それ自体は何の意味もないことです。
ようするに山梨県議会が従来型の硬直したお飾りの議会から、「自由な意見交換が可能になり、新しい価値観が取り入れられ、いきいきした機能する議会」に変化するか、ということが問題なのです。

私はこれからも、この新しい山梨県議会がどのような方向に行くのか、注視してゆきたいと思っています。そしてその分析と考察を展開してゆきます。

同志の皆さま、今後ともよろしくお願いします。

笹本貴之 /笹本貴之と「山梨の自立」をめざす会

posted by 笹本貴之 at 23:06| 山梨県議会への挑戦2011