2013年05月11日

本当に片側2車線が必要なのか?

少し前になりますが、山梨日日新聞の地域面に、このような記事が出ました。

IMG_8939.jpg

甲府市の都市計画道路の見直しがあり、廃止案の出ている区間の住民を対象に甲府市が説明会を開くという記事です。
まあ、このような都市計画の見直しは、現実的、当たり前の対応だと思います。
これが私たち住民の実感でしょう。

そりゃあ、多少の渋滞はありますよ。道は広くなれば便利にはなります。
でも人口が減って、周りじゅう空き家が増えているこのご時世、
道ばっか広くしてどうすんの? と気になってしまいます。

―――――
最近、お隣の長野県の松本市に仕事でよく出かけます。
そうすると、私の住む山梨県甲府市との決定的な違いに気がつきます。
さあ、なんでしょうか?

下の写真は、松本市のメイン通り国道19号線です。

IMG_0440.jpg

そして次が、甲府市の県道アルプス通りです(まあメインは国道20号線としましょうか)。

IMG_0446.jpg

さあ、何か気がつきませんか?
両市ともロードサイドにチェーン店やファミレスなど、いわゆる大手が多いのは共通してますが、決定的な違いがあります。


それは、車線の数です。

松本市はメインの国道であるにも関わらず、片側1車線です。
もちろん松本市には国道20号線もありますが、片側1車線です。
つまり、市内には片側2車線の公道がほとんどありません。

それに比べて、甲府市はどうでしょう。

国道20号線は当たり前ですが、アルプス通りの他にも駅前から延びる平和通、山の手通り、名前は分かりませんが、新しくできた県立中央病院の北側の道など、挙げだしたらきりがありません。

私は過去にロードサイドに出店したことがあるので、よく分かっていますが、実は片側2車線のロードサイドでは仕事がしづらい面があります。つまり交差点以外は、基本的には右折ができないので、道に面して右側から来る、または右側方面に住む人々しか、お客さまにできないのです。向かい側の道を通る車は、当社に入ることができず、向かい側の道沿いにある同業他社に行ってしまうのです。
昔は賑わっていた街並みも、道が広くなると廃れていってしまう、という現象を私たちは幾度となく見てきましたよね?

いままで、よく松本市の人から甲府市は羨まれました。甲府は道が広くて羨ましいと。
山梨県内では郡内の方々からも、同じようなことをよく言われた覚えがあります。

―――――
既に国土交通省は2050年には日本の人口は9,500万人になると公表しています。
山梨県は現在の85万人から60万人へ、甲府市は現在の19.5万人から13.5万人へ、減少すると言われています。

この数字を前に、私たちは何を考えるべきなのか。

二つあります。
「いいや! 減らしたらダメだ! あくまでも100万都市をめざすのだ!」
または、
「これが現実だ。いまから50万都市のために備えよう!」

私の今の考えは、やはり後者です。
表面上はかっこよく希望を唱えながら、なし崩し的に、場当たり的に、都市計画の見直しをするくらいなら、
意識的に、自覚的に、いまから着々と50万都市を見据えて準備をし、「それでも生き残る地方都市」をめざして、無駄を省いてスリム化したり、社会の価値の転換を図ったりすべきだと思っています(それでも少子高齢化対策は地道にやりつつ)。
そんな地方都市の先進例になり、その結果として、70万とか60万の都市に留まったのなら、よけいに余裕が出ていいじゃないですか。

松本市が来るべき時代を予期して片側2車線にしなかったのかどうかは、私には分かりません(まあそんなことはないでしょう)。
しかし、確実にこれからの時代には、甲府市の街並みよりも有利だと思います。

山梨県は、2050年にはエネルギーの自給率100%という環境戦略を打ち出しています。
この戦略だって、人口減による「自然解決」を目論んでいるに違いありません。
その証拠に、上記戦略をとっくに出していたにも関わらず、他県に先駆けた取り組みがいまだに出ていません。
まあ、焦らなくてもそのうちに・・・ということでしょう。

私たち地方に住む人間は、これから地方で生き残るために、もうこの「なし崩し」と「場当たり的」を早くやめなければ、いま生きている地域がなくなってしまう、というシナリオを歩むことになるのだと、本気で自覚すべきなのでしょう。

私はいまの森林資源の活用ビジネスを通して、地方のあるべき姿をを学んでいます。

笹本貴之
posted by 笹本貴之 at 12:00| 仕事を通して考えたこと