2014年09月23日

10年前から始まっていた山梨のワインの新時代

今年も「山梨学院ワイン講座」を企画・プロデュースしました。今月26日(金)からです。

私は「ワインツーリズムやまなし」の運営からは去りましたが、ワイン絡みでは唯一この仕事だけやらせていただいてます。

詳細は、山梨学院生涯学習センターのホームページをどうぞ。

yamanashigakuin_w_2014.png


今年のワイン講座では、この10年を振り返ります。

題して「10年前から始まっていた山梨のワインの新時代 〜この人がいたから、今がある〜」


いまに続く「地域を変えよう」とか、「地方が主役」とか、「地域の自立」とか、そういう動きはワインに限らず、ちょうど10年くらい前にその始まりがあっ たように思います。


得々クラブも、KOFU Prideも、とりもつ隊も、つなぐNPOも、かつぬま朝市も、ワインツーリズムも、サラダボウルも、燈屋も、桜座も、スティルイチミヤも、空族の自主上映活動も・・・。あのココリの構想が発表されたのだって10年前。みんなみんな10年前から。


では、我々はそのとき、いったい何を求めていたのか?

その結果、何が変わり、何が変わらなかったのか?


いまこの山梨で、新聞でも、選挙でも、行政でも、当たり前のように「地域活性化」という言葉が使われています。

この10年を総括・評価する時期が来ているのではないでしょうか。

もう、私たちは通り一遍の活性化論にだまされてはダメだ。同じ過ちを犯してはダメなんだ。


以下、今回のワイン講座に寄せた私のメッセージです。


思い出してみてください。10年前のあなたの食卓、10年前に県外の友人を案内した山梨の名所、10年前に地元の飲食店で飲んでいたお酒…。そこに、山梨のワインはありましたか?

もちろん、この “変化” は山梨のワインのことに限りません。この間の社会全体の大きな変化の中の一部に過ぎません。しかし “変化” は、ある日突然訪れるものでもありません。そこには必ず “人の意思” があります。
この10年で、私たちはいったい何を変えようとしたのか。そして何が変わり、何が変わらなかったのか。毎回違った視点から、この10年を総括・評価して、次なる10年、次なる新時代につなげたいと思います。


笹本貴之

posted by 笹本貴之 at 01:58| 「学びの場」の告知