2014年04月14日

そもそもなぜ山梨県民はワインを大切にすべきなのか?

甲州市塩山のキスヴィンワイナリーが初めてワインを出荷しました。

このワイナリーは、「おいしいワインが飲みたい・つくりたい」と願うぶどう栽培家の池川仁さんや荻原康弘さん(同ワイナリー社長)らが中心になってつくった「チーム・キスヴィン」が母体です。

チーム・キスヴィンはこれまで、醸造用ぶどう栽培の研究や実践や指導を継続して来ました。
そして、彼らがワイナリーに提供したぶどうからたくさんの上質なワインが生まれたり(シャトー酒折のキュベイケガワやキスヴィン甲州などが有名)、ワイナリーの若手栽培醸造家の多くが彼らの指導を受けてきたりしました。

生食用ぶどう農家がメインの山梨県では、多くの場合、ワイナリーの側からぶどう農家に対し、醸造用ぶどうの品質をお願いをしてきました。
しかしチーム・キスヴィンは、ぶどう農家の側からワイナリーに対し、醸造用に上質なぶどうを提供してワインの品質をお願いしてきたわけです。
私がこのチーム・キスヴィンの池川さんと荻原さんと出会ったのは、2006年から実施してきた「ワインフェス」の会場(甲府のフォーハーツカフェ)でした。お二人とも欠かさずこのイベントには参加してくれて、池川さんが「ぶどう畑でワインをつくる」という発想を語ってくれたのを覚えています。ちょうど私たちが「ワインツーリズム山梨」という団体を立ち上げた頃でした。

IMG_3019.jpg

私は地方の課題は「自立」だと思っています。
これまで地方は、行政もメディアも民間企業も、中央や大手を言われるものの「下請け」である時間が長く、すでに立ち行かなくなっている実態があるにも関わらず、いまだにその依存から脱することができていないのではないか。
地方が自らにプライドもって、そこにあるモノ、産業、人、文化、知恵、発想をもちよって、自ら「新しい価値」を発信してくべきでは。
これが「自立」の意味であり、私の問題意識です。

当然、多くの人がこのことには気づいています。
各県が推進している様々な分野の「ブランド化」は、この「自立」への方向だと理解しています。
様々な組織や団体が実施する地域活性化事業も、めざしているのはこの方向です。

ただ、現実的には、その試みが一時的なもので終わってしまいます。
私たちはそんな例を腐るほど見てきました。
では、なぜ一時的なもので終わるのか?
それは、お金が継続的に回らないからです。一時的には行政の補助金で運営できても、カネの切れ目が縁の切れ目。補助金をもらっているうちに、その後の自立的運営の準備ができないから、継続できないのです。残念ながら、掲げていた「新しい価値」まで降ろしてしまいます。

上記、チーム・キスヴィンおよびキスヴィンワイナリーの試みも、まさにこの地域活性化事業の一つです。

地元にぶどうの育つ風土とつくり手がいる。
そのぶどうからおいしいワインをつくるワイナリーがある。
そのワインを売る酒屋や提供する飲食店がある。
これらがおいしく、山梨の風土や景観、地域文化として魅力的であれば、全国から、世界から人が集まる。
そうすると地域の宿泊施設や旅行業者や、その魅力を発信する広告業者にまで効果は広がる。
発想は無限に広がり、新しいお土産品を開発する事業も出てくる。

これはまだまだ小さい分野での実践に過ぎませんが、実際に山梨県内で具体的に展開されていることです。
大都市では絶対にまねのできないことで、大量生産大量消費という従来の価値観からは得られない新しい「ローカル価値」が生まれています(つまり、大量生産大量消費の流れに乗ろうとすると、元も子もなくなる)。
他の地方には、なかなか具現化できていない事例です。

地域にお金と新たな価値観の流れを生むこのワイン産業は、「地方の自立」を具体的に示す一つの典型であり理想形だと、私は常に思っています。
ワイン産業は、他の分野や他の地域の地域活性化策のための絶好の見本になっているのです。

これが私の考える、「山梨県民が山梨のワインを大切にすべき理由」です。

笹本貴之
posted by 笹本貴之 at 01:27| 私の考えていること