2010年12月30日

2010年最後のマナビノバ

12月29日には、「深沢七郎を偲ぶ宴」を桜座で開きました。
毎年この日にやる宴は今年で7回目でした。今年最後のマナビノバでした。


1回目の2004年には、深沢七郎さんの生家後「そば処 幟」で年越しそばを食べながらの宴でした。
三上寛さんをお呼びして、七郎さんの遺品のギター「瑞雲」を弾き語りしていただきました。
私たち山梨県民のPRIDEを探すための、本当にささやかな宴。小説家にしてギタリストの深沢七郎さんをリスペクトするための会でした。

4回目から会場を甲府・桜座に移しました。桜座にとっても毎年最後の催しとして、定着してきた宴です。

IMG_2536.jpg

いつものとおり荻野弘樹さん(左)と共にプロデュースしました。
毎年この日だけはスケジュールしていただいている三上寛さん(右)に加え、今回は戌井昭人さん(中央)にお越しいただきました。

IMG_2541.jpg

桜座のカフェは超満員。県内外から70名ほどの方々にご参加いただきました。

IMG_2548.jpg
IMG_2552.jpg

まずは戌井さんのライブ。

IMG_2558.jpg
IMG_2561.jpg

そして三上寛さんのライブ。
深沢七郎さんの遺品のギター「漣(さざなみ)」(左下)もご披露いただきました。

IMG_2581.jpg

IMG_2574.jpg

IMG_2586.jpg

そしてライブの後は、桜座の忘年会です。お客様もそのまま残って、2時近くまで。

深沢七郎さんを偲んで、何年もつづけて来て、何年もつづく宴です。
有名な作家や芸能人を呼んで盛り上がる催しも良いでしょう。
しかしそれだけでは、私たち山梨県民のPRIDEにはつながりません。

山梨でしかできない、山梨の催し。
山梨でやることに理由のある、山梨の催し。

これをしっかりと企画して、しっかりと楽しみたいと思っています。

ただ、山梨県民の参加者は、あまり多くなかったですね。
まずは自ら知り、自ら誇ることから、山梨の活性化の基礎ができると思っています。

龍野さんをはじめ、桜座の皆さん、本当に毎年ありがとうございます。

笹本貴之
posted by 笹本貴之 at 12:32| 座談会 KOFU PRIDE 2010

2010年12月16日

七郎さんに捧ぐ七回目の宴は今月29日です。

山梨の偉大な小説家にしてギタリストの深沢七郎さんを偲ぶ宴は、今年で七回目です。

fukasawa_sai 1.jpg

深沢七郎(ふかさわしちろう)
1914年山梨県東八代郡石和町(現笛吹市)生れ。旧制日川中学校(現山梨県立日川高等学校)卒業。1956年『楢山節考』で中央公論新人賞受賞。その作品は文壇に大きな衝撃を与えた。1960年に発表した『風流夢譚』がもとで中央公論社社長宅が右翼に襲撃される事件が起こったため、一時筆を折り各地を放浪。その後、『流浪の手記』を発表して復帰。1965年、埼玉県南埼玉郡菖蒲町に「ラブミー農場」を開き、以後そこに住んだ。1987年心不全のため没。



三上寛(みかみかん)
1950 年 青森県小泊村生まれ。ミュージシャン、詩人。
生前の深沢七郎と交流があり、埼玉・ラブミー農場で演奏した「東京だよおっかさん」を聞いた深沢は涙を流して喜んだ。パーソナリティを務めた山梨放送ラジオ「ギタリスト深沢七郎」で遺品のギター「瑞雲」を使い同曲を演奏。
番組は文化庁芸術祭優秀賞を受賞する。2003 年から始まった「深沢七郎を偲ぶ宴」に毎年参加。
ミュージシャンとしての深沢七郎を再評価すべきと訴えている。


そして今年は、ちくま文庫から「深沢七郎コレクション 流」「深沢七郎コレクション 転」が出版されました。
いままで絶版でなかなか読めなかった小説やエッセイが、やっと読めるようになりました。
この二つのコレクションの編集をした戌井昭人さんが、今年は出演します。



戌井昭人(いぬいあきと)
1971年東京生まれ。1997年、パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を旗揚。脚本、出演を担当。寸劇、不条理劇、ダンス・音楽パフォーマンスなど数分間の演目を一公演で50以上畳み掛ける怒涛のパフォーマンスを各所で展開中。
第10回ガーディアンガーデン演劇フェスティバル大賞受賞。2008年、「鮒のためいき」で小説家デビュー。2009年、「まずいスープ」で第141回芥川賞候補に。深沢七郎フリークとして知られる。


山梨の地でしかできない、私たちだけの宴です。
今年は“ここにしかない”をテーマに、さまざまな座談会、セミナー、学習会を展開してきました。
どうぞ締めくくりにご参加ください。

-------------------------------------------
『エレクトリック楢山節』 三上寛×戌井昭人

日時: 2010年12月29日(水)18:30開場/19:00開演

会場: 桜座(山梨県甲府市中央1-1-7)

催し: 三上寛×戌井昭人対談 三上寛ライブ

会費: 前売3000円/当日3500円

予約・お問い合わせ: 055-233-2031/kofu@sakuraza.jp


主催: 桜座/KOFU PRIDE(笹本貴之/荻野弘樹)
-------------------------------------------


笹本貴之/KOFU PRIDE
posted by 笹本貴之 at 01:46| 座談会 KOFU PRIDE 2010

2010年11月19日

年末は恒例の「深沢七郎を偲ぶ宴」にご参加ください!

自らの地域に誇りを持って生きるための第一歩は、その地域の魅力あるモノや人(PRIDE)を自ら知ることから。

山梨県の石和町が生んだギタリストにして作家の深沢七郎さんは、まさに私たち山梨県民のPRIDEです。

そう思って、七郎さんを偲ぶ宴を毎年12月29日にやり始めてから、はや7年が経ちます。

fukasawa_sai 1.jpg

今年もKOFU PRIDEとして私と荻野弘樹が主催する「深沢七郎を偲ぶ宴」は、同日、甲府の桜座で開きます。

題して
『エレクトリック楢山節』 三上寛×戌井昭人

日時: 2010年12月29日(水)18:30開場/19:00開演
会場: 桜座(山梨県甲府市中央1-1-7)
催し: 三上寛×戌井昭人対談 三上寛ライブ
会費: 前売3000円/当日3500円
予約・お問い合わせ: 055-233-2031/kofu@sakuraza.jp


主催: 桜座/KOFU PRIDE(笹本貴之/荻野弘樹)


生涯一ギタリストとして生き抜きたかった深沢七郎
そのギタリスト深沢七郎が涙したという三上寛の歌声
今年もその三上寛により七郎さんが遺したギター「漣(さざなみ)」が甦る
そして鉄割アルバトロスケットの戌井昭人が参戦

fukasawa_sai 2.jpg

山梨のPRIDEである深沢七郎さんを山梨県民としてリスペクトする宴で、2010年を締めくくります。
どうぞ地域内外に限らず、ご参加ください。

笹本貴之/KOFU PRIDE
posted by 笹本貴之 at 23:37| 座談会 KOFU PRIDE 2010

2010年11月01日

「KOFU PRIDE 2010/山梨の若き発震源たち」最終回 DAY5 11/01 のにご参加ください。

今日(11月1日)はいよいよ座談会「KOFU PRIDE 2010」の最終日(DAY5)です。
出演はYBSテレビの荻野弘樹ディレクターです。
彼のラジオ番組「ギタリスト深沢七郎」を聴きながら、山梨が誇るべきタカラを語る座談会です。
ラジオをじっと聴きながら語る。一度やってみたかった企画です。

荻野さんと私とは、2004年からずっと2人で「まちづくりサロン」を企画してきました。

DSCF0979.JPGDSCF0992.JPG

今回聴くラジオ番組「ギタリスト深沢七郎」(2003民放連盟賞最優秀賞、文化庁芸術祭優秀賞)のナビゲーターだった三上寛さんと共に、毎年12月29日に「「深沢七郎を偲ぶ宴」を主催しています。

その宴では、深沢七郎さんの門外不出の遺品ギター「瑞雲」(ずいうん)が登場します。
深沢七郎さんの生家跡のおそば屋さん「幟」に行って、甥っ子の三人さんからお借りします。

DSCF0459.JPG
(深沢七郎さん)

DSCF0479.JPG
(瑞雲を手にする三上寛さん)

どうぞご参加ください。
11月1日(月)19:00から、花国さんで開きます。

笹本貴之/KOFU PRIDE
posted by 笹本貴之 at 01:50| 座談会 KOFU PRIDE 2010

2010年10月17日

「KOFU PRIDE 2010/山梨の若き発震源たち」DAY 3 10/18 の詳細(2)

明日(10月18日)は座談会「KOFU PRIDE 2010 / 山梨の若き発震源たち」のDAY3です。
出演はstillichimiya(スティルイチミヤ)の面々です。

いまのところ4人のメンバーにご参加いただく予定です。

MMM(トリプルエム)・向山さん
田我流(デンガリュウ)・田村さん
young-G(ヤングG)・中村さん
BIG BEN(ビッグベン)・辻さん

stillichimiyaの中心メンバーです。

IMG_1294.jpg

15日の晩は、young-GとBIG BENに来ていただき、会場のチェックや座談会の進行について打ち合わせをしました。
毎回そうですが、今回もこれまでと全く違った座談会になりそうです。
笑いあり、怒りあり、映像あり、ライブあり、そして夢のある一夜になりそうです。

どうぞヒップホップやラップミュージックを知らない方も、彼らの山梨での挑戦を聞きに来てください。
ヒップホップとは何か? というところからご説明します。ワークショップもあります。

私がこの座談会をとして伝えたいのは、彼ら20代の若者が、東京ではなく山梨を選びヒップホップに身を投じ、全国に向けて彼らの音楽を発信するとは、いったい何を意味するのか、ということです。

前回の五味文子さん同様、スティルイチミヤの彼らも私と一回り違う世代です。
私たちの世代と彼らの世代が同じ目的でつながり、これから山梨のプライドを発信してゆくことが、山梨の生きる道だと確信できます。

そのためにも、私は自ら先鞭をつける覚悟をしたわけです。

まだ残席はございます。どうぞご参加ください。

笹本貴之/KOFU PRIDE
posted by 笹本貴之 at 01:21| 座談会 KOFU PRIDE 2010